アーリーセミリタイアって?

アーリーセミリタイアとは、少額の貯金を片手に東南アジアなどの物価の安い国に移住して、働くことから引退することを言います。ただし、セミリタイアですから、必ずしも何も仕事をしないということではありません。 多くの場合は、パートタイムの仕事をしていたり、インターネットで多少の収入を得ている人が多いです。ただし、その暮らしぶりは仕事中心のものではなく、あくまでも快適な範囲で働いている場合がほとんどです。 仕事中心のストレスのある暮らしとは無縁であり、毎日、自由気ままに生きられるというメリットがあります。上司に指図されたり、顧客の顔色を伺ったり、ノルマに追われる日々とは無縁なので、とても幸せに生きられます。自由時間も多く、自分の好きなことを存分に楽しめるのも良いところです。アーリーセミリタイアの候補地になる国の多くは物価の安い国ですから、当然、趣味にかかる費用もとても安いのです。 ゴルフなどは日本ではとても贅沢な趣味ですが、東南アジアなどではお手軽にできる価格です。忙しい生活に疲れた人にはもってこいの行き方でしょう。東南アジアでは時間の流れも大変遅く、現地の人々も陽気に楽しくだらだらと生活しています。日本に居る時のような緊迫感はなく、非常にリラックスして暮らし易い雰囲気があるのです。 日本人は働かないで、自由気ままにだらだら暮らすことに抵抗があるかも知れませんが、実際に行ってみると毎日が日曜日となり大変楽しく生活できる場合が多いです。 そんな生活を安心して暮らすために英会話を習ってはいかがでしょうか。 オンライン 英会話 Eigo

アーリーセミリタイアの為に:投資編

最近アーリーセミリタイアを目指す方が増えつつあります。
リタイアが完全な年金ぐらしであるのに対して、最低限の収入で生活していくことを意味しています。
アーリーセミリタイアの開始時期が、どのくらいの年齢かは、人それぞれです。

 

ここでは、投資活動でセミリタイアしていくことを目指す場合を記載します。
投資は、よく言われるように、100万円くらいから、経験を積んでいくのがよいです。
初めは、いろいろな投資を体験してみてください。いろいろ体験することによって、自身に合う手法が何かが見えてきます。

 

ところで、100万円では、さすがセミリタイアは困難です。
年間の収入が100万円程度は必要です。年間100万円の基準は、控除合計が収入を上回るためです。
所得税はゼロで、住民税も非課税になります。また、国民健康保険料は減額により七割でよくなります。

 

では、100万円の収入を得るには何を実行したらよいでしょう。
どのような仕事も同様ですが10年程度つづけますと、その道のプロになれます。
そうすると、リターン金額が増えてきます。

 

コンスタントに、1割から2割の収入が見込めるようになります。
そうすると逆算で、必要な金額が見えてきます。
1000万円から2000万円くらいの金額です。
10年間、勉強をしつつ、仕事と預金をしていくと何とか確保できる金額です。

 

あとは、この生活にいつ入り始めるかです。
目標をもって、アーリーなセミリタイア生活に入りたいものです。