アーリーセミリタイアの為に:海外の銀行にお金を預けて、利子で生活

海外の銀行にお金を預けて、利子で生活することは可能です。実際に利子で生活費を稼ぎ、アーリーセミリタイアを実現している人はたくさんいます。東南アジアでの大学初任給は月給3万円以下の国が多く、必要となる必要不可欠な生活費は月2万円程度です。

 

 

特にお金がかかる趣味をもっていなければ、年に30万円あれば生活できる国が多いです。一方、金利の方は、長期で預け入れれば3%程度の利息が期待できます。仮に1000万円の貯金があれば年に30万円の利子を受け取ることが可能であり、年に30万円だけで1年暮らすことも可能です。このようにすれば、元金を減らすことなくずっと海外生活を楽しむことができます。

 

 

仮に1000万円の貯金がなかったとしても、ある程度の収入がある人でしたらアーリーセミリタイアをすることが可能です。仮に100万円しかなかったとしても、金利だけで3万円が得られます。節約生活をすれば月に1万5000円程度でも生活することができますから、あと年に15万円を稼げる副業を持てば、アーリーセミリタイアが可能となります。

 

キッズスターでオンライン 英会話

 

金利だけで全てをまかなおうとすると、アーリーセミリタイアの時期が遅れてしまいますが、金利や副収入、節約なども視野に入れて総合的に挑めば、早期退職をより早い時期に実現することが可能となります。今はインターネットビジネスなどで稼ぐことも可能な時代です。例え、貯金が少なくて金利があまりなくても、月に1万円以上のお小遣いが稼げるなら、海外での早期引退生活も夢ではありません。