アーリーセミリタイアして海外移住する際に必要なもの:リタイアメントビザ

最近は海外転勤で育ったお子さんが定年前の年代になりアーリーセミリタイアして海外移住する際に必要なもの:リタイアメントビザを取得する方が増えてきました。海外移住は国によってビザの種類や年数が違うので住みたい場所の大使館のホームページを見ればすぐわかります。

 

 

4、5年前ならマレーシアならMM2Hですよ、ですとかそのビザが長く続くのですぐ書けたのですが、最近は毎年若干変更を加えていますので、大使館のホームページを見るのが一番早いです。また、東京都港区東麻布にあるロングスティ財団では、海外移住をしたい方向けにいろいろな国へのツアーを組んでおり専門的な情報も詳しく、住みたい国にトライアルで住めるので一度3ヶ月から半年位住んでからお決めになった方がよいでしょう。

 

 

まず、最近はビザの定義の代わりが早いです。たとえばシンガポールは4、5年前は500万円で永住権がとれました、しかし今では銀行か投資用に一億円ないとビザが出ません。シンガポールのインフラと法整備がアメリカより良いために、アメリカ人の富裕層が移動したため急騰してしまったのです。リタイアメントビザを取得するには、最初に銀行に預けるお金が必須になります。

 

 

これから伸びる新興国では、日本の国籍を持っていればわりと住みやすい国が沢山ありますので、行く半年前にビザの種類を日本にある現地の大使館で聞いて、ロングスティ財団を通じて一度そこの国に住んでみるとよいでしょう。