アーリーセミリタイアして海外移住する際に必要なもの:永住先の知識

早期退職して海外移住する際には、その永住先の知識をたくさん持つことが大切です。特にその土地の言語、文化、風習に関してはよく知っておいた方がいいです。海外移住する前には必ず短期留学をして、その土地の言語を学ぶようにしましょう。こうすることで、より多くの現地の人と交流ができ、その土地のことをよく知ることができるからです。

 

 

英語力もあるにはこしたことがありませんが、現地のことを理解するなら現地語の方が優れています。英語での会話だと現地の人はあくまでも外国人扱いしてしまいますから、外国人としてどう扱われるかを見るだけなら良いかも知れません。

 

 

しかし、その一方で一対一の人と人としての交流の仕方が理解できないことも多いのです。永住の場合は、ゲストや旅行者とは異なります。どうしても、その土地に馴染む必要があるのです。ですから、現地の人と現地語で話し、お客さんではない立場になった場合にどうなるかをよく考える必要があります。

 

 

日本人の場合でも、外国人が外国語で話してきたら、旅行者かもしくは短期滞在者と考え、あくまでも外国人扱いをすることでしょう。これでは永住は難しいです。

 

ずっと旅行者の立場を貫く滞在もできないこともありませんが、その場合はホテル暮らしが続き、毎日がリゾート気分になりますが、それはそれで早期退職者には厳しい生活となってしまうからです。日常生活を現地の人と同じように行うことができれば、より楽に暮らせるようになります。永住を目指すなら、現地語を理解し、現地の人と交流する努力をし続けることが大切です。